,

Ayurveda for women

DSCF9158

私が大切にしている講座のひとつでもある女性のためのアーユルヴェーダ

この講座は、個人的にとても思い入れのある講座です。

それは私自身、20代前半から悩んでいたPMSや生理痛、30代に入ってから婦人科系疾患を経験しているから。

アーユルヴェーダに出会い、自分の身体を知れば知るほど今まで行っていた行動や食生活が、自分の体質に合わないということに気づかされました。それまでは、お医者さんに勧められた治療に違和感を持ちながらも、言われるがままだったり市販の痛み止め薬を服用していましたが、アメリカに行って、そこで出会ったアーユルヴェーダの医師との出会いが、私の身体が変わる大きなきっかけになりました。その医師は、今の私の師匠です。彼は私の人生を360度変えた人物で、今でも私に奇跡を起こす先生です。

環境を変えるのはけして簡単なことではありません。
仕事で追われる日々だったり、家族がいると、自分都合でそう簡単には変えられません。

だけど、人は主観的に変化が起こったとき、なんの抵抗なく環境を変えようと思えます。
「心地いい」とか「気持ちいい」とか「楽しい!」とか・・・
ダイエットに成功してスリムになったとき、それまでの過程は大変だったけど、周りの見る目が変わると気分が変わります。

医学的な知識がなくても、自分の直感力で「なんか違う」という感覚は誰もが持っています。

その「なんか違う」という感覚から、癒しがはじまるのです。

この講座は、医学的に教えられているホルモンの仕組みを学びながら、生活をしていくの中でどう自分と向き合っていくかというところにアプローチをしていきます。

なぜ「痛み」があるのか、「ストレス」が引き起こす様々な病気とは?
脳や神経の仕組みなど、女性ホルモンと一体どんな関係があるの?と思われるかもしれないトピックに触れていきます。

この講座がきっかけで、受講された方々の日々の行動や身体の状態を見直すきっかけになり様々な変化が起こりました。

> 生理不順で年に1~2回生理が来るか来ないかだったが、順調な生理周期になった
> 生理痛が治り痛み止めを飲まなくなった
> 生理の質が変わった
> 冷えが改善された
> 妊娠した(!)
など、もちろんこの講座は病気を治すことを教えているわけではありませんが、ちょっとした変化が大きな変化へと繋がっていきます。

食材が持ったエネルギーが、ホルモンのバランスにどう影響を与えるのか、ヨガや瞑想をもっと簡単に取り入れる方法など、
実践的なものも行っていきます。

2月は名古屋と東京にて開催されます。トピックの中に月経・妊娠・不妊などありますが、閉経された女性や出産経験済みの女性でも楽しんでいただける講座です。

<詳細>
https://www.yoga-gene.com/workshop/139846.html

名古屋
2月12日(日)10:00~17:00 Rental Space FLOAT
東京
2月19日(日)10:00~17:00 オハナスマイル祐天寺店
10396408_10152126626126190_2063409525_n

Share